ケアマネージャー学科試験ガイド

学科試験方式

ケアマネジャー試験は、論文試験や実技試験がなく、出題方式は、多岐選択方式、多岐択一方式になっていて、計60問の出題数です。
ほとんどの都道府県で5肢選択のマークシート方式が採用されています。

これまでは、保有資格によって認められていた試験の一部解答免除は、H27年度の試験より廃止になりました。
したがって、受験者は60問全てを解答する事になります。

区分試験時間
介護支援分野 …………………… 25問
介護保険制度の基礎知識
要介護設定等の基礎知識
居宅・施設サービスの基礎知識
120分
(原則10:00~12:00)
保健医療福祉サービス分野
保健医療サービスの知識等
基礎 … 15問
総合 … 5問
福祉サービスの知識等 ………… 15問
合計 … 60問
合格ライン
介護支援分野で6割~7割程度、保健医療分野と福祉サービス分野で、受験した分野の合計点の6割~7割程度が合格ライン。
それぞれの分野で基準点以上が求められますので注意して下さい(ただし、問題の難易度によって毎年補正されます)。

ケアマネージャー試験の注意点

1. ケアマネージャー試験の日程

ケアマネージャー試験の試験日は全国統一で、受験回数は年1回のみです。
受験申込期間は、年によって違いますし、都道府県ごとでも違います(例年は10月)。
また、受験手数料・納付期限も都道府県で異なりますので注意してください。

最新の試験情報については、各都道府県の介護保険取扱い部署に問い合わせて下さい。

都道府県の問合せ先

2. 受験票について

ケアマネージャー試験の1週間前になると、資格審査に合格された方に受験票が送られてきます。
この受験票がないと、受験できませんので、必ず確認してください。

3. 試験時間について

ケアマネージャー試験は、9時30分から簡単な注意事項の説明、10時から試験開始になります。
10時に遅れると受験できませんので、早めに会場に到着するようにしてください。
退室時間は、試験開始後30分です。
試験の時間は120分です。

4. 解答について

解答は、マークシート方式になりますので、鉛筆やシャープペン、消しゴムを忘れないようにしてください。

5. 試験結果の発表

合格発表の期日は、試験当日に説明されます。
合否の通知は、郵送であなたの自宅へ届きます。

市町村の窓口が運営するホームページで、合格基準、問題正答番号、合格者(受験番号で)の掲載を行う所もありますので、試験日から2か月後にチェックしてみて下さい。

電話やメールによる合否の照会は、一切応じてもらえないので注意してくださいね。