効率的・効果的な試験対策とは?

試験の形式を理解しよう

ケアマネージャーを受験される方の多くが、現役の福祉職種として、さまざまな現場で仕事をされています。「試験勉強に使える時間は、職場に通う通勤電車の中だけ」という人も少なくありません。

そのような忙しい方が受験されているのが、ケアマネージャー試験です。忙しい彼らの学習法をみると、意外と軽視されているのが試験形式の理解という部分です。

ケアマネ試験には大きく分けて2つの分野があります。1つは介護支援分野もう一つは保険医療福祉サービス分野です。
以前は、保健・医療・福祉の専門資格を有する方には、それぞれ自分の専門分野の範囲で、回答が免除されていましたが、2015年からは、試験免除がなくなりました。 したがって、分野の違いは意味をなさず、「全ての範囲を学習する必要があります。」

この試験形式の理解の為には、本番形式の過去問題集や模擬試験は必ずやっておく必要があります。
今後は、受験資格についても専門資格者のみが対象になるなど、大きな変更がきまっており、実務経験年数にも変更があるようです。