合格までのスケジュール

簡単に1回の受験で合格する人になるには

ケアマネージャーを受験される方の多くが、現役の福祉職種として、さまざまな現場で仕事をされています。
「試験勉強に使える時間は、職場に通う通勤電車の中だけ」という人も少なくありません。

1. 無理なスケジュールを立てない

「試験までに学習範囲を終えられるスケジュール」を立てて下さい。
「お仕事や家事など自分の環境に合ったスケジュール」を組んで深く突っ込んだ学習でなくて良いので、必ず全範囲に目を通す事を心掛けて下さい。

2. 制度の理解が学習の出発点だと思って下さい

「介護保険制度やケアマネージャー試験の全体像がわかっていない人」はなかなか合格できません。
まず、試験の全体像を知るには「介護保険サービスを利用するまでの一連の手続きを身に付ける事」です。
お住まいの近くの市町村役場で、介護に関するパンフレットをもらって下さい。
介護制度の仕組みや、認定の基準などがわかりやすく全体がわかるよう記載されています(自分で内容を更にわかりやすい図にしても良いでしょう)。

試験範囲はこの3つの分野から出題されます。
介護支援分野 …………… 25問
保健医療サービス分野 … 20問
福祉サービス分野 ……… 15問

まず、この3つの仕組みをそれぞれ大まかな図表で頭に描いた上で、個々の学習に入れば、理解度は格段にアップします。 

3. 勉強法は繰り返しを重視する

テキストは文字がぎっしり詰まった難しいテキストを1回読むよりも、サクサクできるやさしいテキストを「繰り返し」見たり読んだりする方が効果は格段にあがります。

問題集は手に負えないような問題集を選ばない事です。過去の本試験問題でも、難問はそれほど多くありません。
自分に合った、試験に合った問題集を繰り返し解く方が合格につながります。

4. 満点を取る必要はありません

たとえば介護支援分野は25問です。仮に合格点が70%程度だとすれば18問正解で合格点になります。7問間違ってもいいのです。
保健医療福祉サービスは全35問ですから、10問も間違えても大丈夫。

こう考えると、かなり間違えても合格できることがわかります。

ケアマネ合格ネットスクールのカリキュラム

この試験を受験される皆様は、お仕事をお持ちで忙しい方が大半です。勉強時間がなかなか取れない方でも1回で合格が出来る実力を持つことができるよう設計されています。

これらのカリキュラムは、受講者の通勤やお昼休みの
スキマ時間に簡単に学習
ができるようにと言う発想から生まれました。

受講開始日から試験直前まで受講できます。
繰り返し、しかも簡単にケアマネ試験の対策準備ができます。

あなたにあった学習スケジュールをお作り下さい。ポイントは、

です。

合格までのスケジュール